募金のご案内募金のご案内

【御礼】

新病院棟建設事業にたくさんのご賛同、ご支援をいただきありがとうございました。



2018年3月31日(土)をもって新規の募金申込受付を終了させていただきました。

みなさまのご厚志は、新病院棟建設資金として有効に活用させていただきます。



【新規寄付】

慶應義塾大学病院、医学部への更なるご支援を賜れます場合には、「信濃町キャンパス整備資金」(使途指定寄付)として、受け入れをさせていただきます。 詳細につきましては、慶應義塾基金室までお問い合わせください。

<お問い合わせ先>

      慶應義塾基金室(渉外担当)

        TEL:03-5427-1898

        (受付時間 09:00~17:00(平日))

       慶應義塾基金室「資料請求・問い合わせフォーム」

新病院棟建設事業募金委員一覧

新病院棟建設事業募金委員会は建設事業計画を着実に実行するために必要な募金活動の推進を目的として設置されました。募金委員会の委員は慶應義塾の理事、評議員、その他慶應義塾がお願いする方々で構成されています。委員会は今後も継続的に運営され、円滑な募金活動を進めてまいります。

募金概要

募金名称 慶應義塾大学病院新病院棟建設事業募金
募金目的 慶應義塾大学病院新病院棟建設事業の資金として
募金目標額 100億円
募金期間 平成25年(2013年)1月1日~平成30年(2018年)3月31日
募金対象 個人、法人、団体(有志団体等)

皆様のご厚志に感謝し、慶應義塾の歴史にお名前を残させていただきます。

芳名録の作成、ご芳名の発表

ご寄付を賜りました方々のご芳名は、「芳名録」に記し、末永く慶應義塾の歴史に留めさせていただきます。また、ご希望により慶應義塾の機関誌である「三田評論」に、ご芳名とご金額を掲載させていただきます。

ご寄付者の顕彰

慶應義塾大学病院新病院棟建設事業募金への寄付額累計が100万円以上の個人、法人、団体は、信濃町キャンパス内に銘板を作成し、ご芳名を掲げさせていただきます。

寄付金に対する免税措置について

この寄付金は慶應義塾への寄付金として税法上の優遇措置(寄付金控除)を受けることができます。

個人の場合

(1)所得税の寄付金控除

確定申告の際、寄付者の選択により、「税額控除」あるいは「所得控除」を受けることができます。
確定申告の際に必要な、領収証と寄付金控除に係る証明書(写)は寄付金の入金後、慶應義塾基金室からお送りいたします。
①「税額控除」
年間所得税額の25%を限度として、その年の寄付金の合計額から2千円を差引いた金額の40%が所得税額から控除されます。
②「所得控除」
年間総所得額の40%を限度として、その年の寄付金の合計額から2千円を差引いた金額が、その年の所得から控除されます。

(2)個人住民税の寄付金税額控除

慶應義塾を「寄付金税額控除対象法人」として条例で指定している自治体では所得税の確定申告をすることにより、個人住民税の寄付金税額控除を受けることができます。
法人の場合 特定公益増進法人に対する寄付金として特別損金算入限度額まで当該事業年度の損金に算入することができます。また日本私立学校振興・共済事業団を通じた「受配者指定寄付金」制度により寄付金全額を当該事業年度の損金に算入することも可能です。
■ 新入生保証人および新入生の方へ

入学した年内に新入生保証人および新入生がご寄付される場合には、「学校の入学に係る寄付金」とみなされ、寄付金控除の対象から除外されます。

■ 個人・法人の税法上の優遇措置(寄付金控除)については下記サイトをご参照ください。

http://www.kikin.keio.ac.jp/menzei.html

ご連絡・お問い合わせ先(募金について)

慶應義塾基金室
TEL03-5427-1898(平日9時~17時)/ FAX03-5427-1546
E-mail  kikin-box@adst.keio.ac.jp