月別アーカイブ: 2014年10月

工事の進捗状況(平成26年10月)

Ⅰ期棟は躯体の構築が進められており、写真左側(中央棟寄り)の工区は6階まで組み上がりました。

(写真をクリックすると拡大表示できます)

平成26年10月20日の空撮写真

平成26年10月20日撮影

 

 

一方、地下部分では、リニアック室(放射線治療室)において、放射線の外部への漏洩を遮蔽するためのシールド工事が進められています。

厚さ3~4cm程度の鉄板を幾重にも重ね、さらにコンクリートを流し込みます。この壁は最大で厚さ1.8m程にもなります。この鉄板とコンクリートにより治療用放射線の室外への漏洩を防止します。

地下のリニアック室の施工状況

リニアック室施工状況

赤い枠で囲んだ部分の鉄板に今後コンクリートを流し込み、リニアック室の遮蔽壁が完成します。

工事の進捗状況(平成26年9月)

Ⅰ期棟建設工事は現在、2号館との連絡通路や、Ⅰ期棟本体の鉄骨組立を進めております。
(写真をクリックすると拡大表示されます)

平成26年9月20日の空撮写真

平成26年9月20日撮影

平成26年10月7日のⅠ期棟工事写真

平成26年10月7日撮影

Ⅰ期棟は建設エリア(6号棟跡地)が非常に狭隘なことと、工期短縮のために、階段部分の鉄骨などの部材を予め工場で製作し、現場に搬入しています。写真は大型クレーンでこれらの部材を吊り上げて設置している様子です。

また、同様の理由によりⅠ期棟は写真左側より6階部分まで組み立てた後、順次写真右側に向かって建設を進めていく工法を採用しています。